HOME
公開講座について
2015年度第2回 スポーツのある暮らしを楽しもう!~地域コミュニケーションの新しいかたち~

公開講座について

講演内容

スポーツのある暮らしを楽しもう!
 ~地域コミュニケーションの新しいかたち~

  • 日時…平成27年6月1日(月)午後6時30分~8時30分(予定)
  • 会場…メディアシップ 日報ホール(新潟市中央区万代3)

基調講演「スポーツの可能性」
 為末 大さん
プロフィール

トークセッション「スポーツがつなぐ地域コミュニケーション」
 為末 大さん、
 大野 公彦さん(株式会社新潟アルビレックスランニングクラブ代表取締役社長)
 高木 貞介さん(NPO法人エンジョイスポーツクラブ魚沼アドバイザー)
 コーディネーター:目黒淳(新潟日報社論説編集委員)

 競技力向上や健康増進、観戦・応援など、県内では様々な形でスポーツが地域に根ざし、楽しまれています。子どもから大人まで幅広い世代のコミュニケーションが図れるスポーツの可能性について、メーンゲストの為末大さんの講演と、県内出演者とのトークセッションで考えます。事前申し込み制(抽選)。入場無料。※未就学児の入場不可

  • 定員…250人(抽選)
    締め切りました。参加いただける方にのみ、5月19日までに参加証送付。(当選の通知は発送をもって代えさせていただきます)。

  • 主催/新潟日報社
  • 問い合わせ/新潟日報みらい大学事務局(企画事業部内)
    新潟市中央区万代3-1-1
    〈TEL〉025-385-7470(平日9:30-17:30)

みらい大学受講レポート
 記者コーディネーター(聞き手)まとめ

レポートテーマ
「身近にスポーツができる地域になるにはどうしたらいいと思いますか?」


<< 前へ  [1] [2] [3] [4] [5]  次へ >>

コーディネーター 本社論説編集委員 目黒淳(男性 歳)

「生涯を通じて健康な生活ができるように地域スポーツは重要な役割がある」。新潟市秋葉区の56歳の女性はレポートに書いてくれました。では地域スポーツをどう発展させるのか?意見で目立ったのが、この女性を含...

続きを読む

新潟市南区 tomicaffe(男性 35歳)

ウォーキングやランニング、サイクリングなどは競技施設はいらない。身近にだから、自分が住んでいる地域で小学生から年配の方までいっしょに週一でも月一でもこれらのスポーツを楽しめたらよい。そのために代表...

続きを読む

参加について 公開講座・ゼミナールに関するご意見ご感想 新潟日報みらい大学に関するお問い合わせ 新潟日報公式ホームページへ NEC SECOM 東北電力 BSN これまでの公開講座