株式会社 ウオロクホールディングス

創業の地・新発田で
中心市街地活性化に協力

代表取締役社長
本多 伸一

昨年、農林水産省の「消費・安全局長賞」を受賞されました。

長年にわたりさまざまな食育活動を行ってきましたが、新発田市の小学生対象の「弁当づくり道場」や高校生対象のレシピコンテスト「お好み焼き甲子園」などの取り組みを評価していただきました。受賞は初めてで、担当者にとっては大きな励みになりました。
 当社は2011年に「環境経営方針」を掲げ、お客さまの豊かな食生活をエコロジーの面から考えてきました。私たちの仕事は不特定多数のお客さまが相手。正直で誠実であり続けないといけません。この店は私の店と思っていただけるよう、これからも快適なお買い物環境づくりに力を入れます。
 商品面では、人気の「ウオロク品質」に続き、この春から「目利きの仕入れ」シリーズを展開しています。ウオロクのバイヤーが自信を持ってお薦めする商品をぜひご賞味ください。

新潟市内で出店が続いています。

ウオロクは村上市から魚沼・柏崎エリアに出店しています。2月に新潟市内の中で唯一の空白区だった南区に「白根大通店」を初出店しました。また中央区の信濃店を移転し、「関屋店」をオープンします。より広い地域の方々にウオロクの良さを知っていただければと思います。
 一方で、1962年にオープンした新発田市のウオロク1号店「中央店」は、その役割を終えて閉店しました。苦渋の決断ではありましたが、長年ご愛顧いただいたお客さまから営業継続を求めるたくさんの署名が寄せられ、熱い思いに触れることができました。その思いや57年にわたる長年のご支援に応えたいと、創業の地である新発田市、新発田商工会議所と共にプロジェクトを推進することで合意しました。2020年から24年までの5年間で中心市街地の活性化を目指し、さまざまな事業に取り組んでいきます。本年度中には移動販売などを行う予定です。

子どもの頃の夢をお話しください。

子ども時代、グラウンドでは三角ベース、夏は川遊び、冬はしみ渡りと季節感のある遊びをして過ごしました。憧れたのは海外。世界中の知らない国を飛びまわって仕事をしてみたいと考えていましたね。

概要
所在地 〒950-8660 新潟市中央区鐙2丁目14番13号
TEL.025-246-2033(代) FAX.025-248-5411
創業 1962年11月(スーパーマーケット開業)
事業内容 食品全般、日用雑貨、衣料品、医薬品、酒類、住居関連品の販売
営業収益 805億円(連結・2020年3月期)
従業員数 3,500人
店舗 41店舗、新潟総合物流センター、城北センター、新崎センター
ホームページ http://www.uoroku.co.jp/

店内で一枚一枚パン粉をつける、こだわりの手作り。
さらにおいしくなった、極うま柔らかとんかつ

印刷する

参加企業、団体、教育機関一覧 ※五十音順