株式会社 共栄堂

地域の皆さまの「かかりつけ薬局」へ、
全力で取り組み

代表取締役社長
山崎 義夫

団塊世代が後期高齢者となる2025年に向け、薬局の役割が大きく変化しています。

住み慣れた場所でできるだけ長く健康に暮らしてもらうため、行政・医療・介護・薬局という限られたリソースをどう活用していくかということで、薬機法など複数の法改正が行われました。これに対応して地域に貢献すべく全力で取り組んでいるところです。
 一つは地域包括ケアに対応するとともに、患者さん個人に対応する「かかりつけ薬剤師」です。15年に策定された「患者のための薬局ビジョン」に盛り込まれたもので、薬局が地域の健康に貢献することが求められています。
 かかりつけ薬剤師は患者さんの全ての服薬状況を把握し、必要に応じて医師と連携し、在宅医療もサポートします。殊に在宅医療では服薬が大きなウエートを占めますし、がん治療でも薬剤師の役割は大きく増しています。言うのは簡単ですがこのためには医療・介護との連携、服薬情報の一元化など組織やシステムの改変と、薬剤師個々に高度な専門知識とさまざまなスキルが求められ、一朝一夕にできることではありません。
 かかりつけ薬剤師のいる薬局でさらに一定の基準を満たすと、薬以外でも患者さんの健康を総合的にサポートする「健康サポート薬局」として認定する制度が16年からスタートしています。いわゆる「門前薬局」から「かかりつけ薬局」への転換が求められています。

薬剤師の確保や育成は?

当社の薬剤師の半数以上は新潟薬科大の卒業生です。そして300人の薬剤師のうちケアマネジャー資格を持つ者が55人。ケアマネ業務を行うのではなく、連携をスムーズに行うために資格取得を推進しています。社内研修では在宅医療を行っている医師などを講師に招き、求められる薬剤師となれるよう努力しています。薬剤師は女性が多く、出産・育児を経て長く力を発揮してもらう環境を整えるとともに、女性管理職の割合を35%にする目標を立てています。

子どもの頃の夢は?

野球選手に憧れました。私の育った昭和30年代は新潟商業高校の野球部が強く、早稲田カラーのユニホームがかっこよかったんです。

概要
所在地 〒950-0162 新潟市江南区亀田大月2-5-38
TEL.025-383-1200 FAX.025-383-1201
創業 1948年6月
事業内容 保険調剤薬局・医薬品販売・開業支援
資本金 300万円
売上高 134億円(2019年3月期)
店舗数 104店舗
従業員数 572人
薬剤師数 303人
ホームページ https://www.kyoueido.net/

あなたの街の、かかりつけ薬局

印刷する

参加企業、団体、教育機関一覧 ※五十音順