一般財団法人 健康医学予防協会

「病気にさせない」を使命に、
高度な健診に努める

理事長
入澤 憲二

近年の利用状況はいかがでしょう。

新潟健診プラザ、長岡健康管理センターは人間ドックを中心に受診者が増加しています。毎年約10%もの伸びは、企業に「健康経営」の意識が高まったことも背景にあるでしょう。新潟は男女別の健診フロア、長岡では女性専用エリアの心地よさの評価が高く、受診された方々から「健康診断のイメージが変わった」というお声をいただきます。お客さまアンケートのご意見を真摯(しんし)に受け止め、より快適に受診していただけるよう対応していきます。

最近のトピックを教えてください。

昨年7月に一般社団法人新潟縣健康管理協会の事業を引き継ぎ、当協会のグループとなりました。日本健康管理協会も含めグループの厚みが増しました。高度な医療サービスを提供し、地域健康診断、健康増進などを通してより広く地域に貢献していきたいと思います。同時に基幹システムの統一に着手、本年度中にはネットワークによる情報の一元化が完了する運びです。
 4年前の移転時に導入したMRI(脳ドック)、3年前に導入した3Dマンモグラフィはおかげさまで稼動率が大幅に上がっており、お客さまのニーズにお応えできていると思います。加えて、加齢による緑内障が増えていることから、3D眼底検査の機械の導入を検討しているところです。

より高度な医療サービス提供のための環境整備を行うのですね。

私ども健診機関の使命は疾病を早期に発見し早期治療につなげること。精度の高い最新機器導入や職員のスキルアップはもちろんのこと、地域医療機関や専門医との連携を密にするアフターフォローに注力することも大事です。そして快適に受診できるようなソフト面の充実も必要。ハード、ソフト両面を充実させ、多くの方々に必要とされ「選ばれる」健診機関を目指します。

どのような子ども時代でしたか?

子どもの頃は田んぼなど家の手伝いをしていましたね。特に田植えが大変でした。その後ある予備校の先生から「人間はだれでも平等に成功するチャンスが神様から3回与えられている」と言われました。さまざまな方との巡り合い、巡り合わせでここまで来られたという気がしています。会話の中にすべてのチャンスがありましたね。感謝しております。

概要
所在地 〒950-0914 新潟市中央区紫竹山2丁目6番10号
TEL.025-245-1111 FAX.025-245-1155
設立 1984年3月28日
事業内容 健康診断(一般健康診断、生活習慣病健診、特殊健康診断、特定健康診査、特定保健指導、巡回健診、産業医派遣)、人間ドック、脳ドック
売上高 49億400万円(2019年度見込)
グループ総売上190億円
純資産 46億2,000万円(2019年度見込)
職員数 391人
施設 本部・新潟健診プラザ・東新潟健診プラザ、長岡健康管理センター、下越巡回健診センター
ホームページ https://www.kenko-i.jp/

印刷する

参加企業、団体、教育機関一覧 ※五十音順