社会福祉法人恩賜財団 済生会新潟病院

急性期医療を担う
基幹病院としての役目を果たす

院長
吉田 俊明

2月に「第72回済生会学会・令和元年度済生会総会」を新潟で開催されました。

済生会総裁の秋篠宮皇嗣殿下にご臨席いただき、全国から約2,300人が参加し、大きな成功を収めました。2年間かけて準備したので達成感がありましたし、多くの参加者と知り合う良いきっかけになりました。
 昨年4月に病院名を「済生会新潟病院」と改称してから、新潟西地区の基幹病院であり、急性期医療を中心にしていることを内外に表明してきた結果、救急車の受け入れがこの1年は月約220台と、以前より2割ほど増加しています。救急患者の対応は医師にはプレッシャーとなることもありますが、マンパワーの拡充を図りつつ、この状態を継続していきたいです。
 また当院は毎年10人程度の研修医を確保できています。研修医を指導することで医師は学ぶところが大きいですし、若い研修医が病院内にいることで活気が出るのでありがたいです。

医療従事者向け講習会も実施していますね。

この地区の基幹病院として研さんの場を提供すべく、研修や講演会などを数多く開催し、周辺の開業医や看護師、スタッフなどが参加してくれます。当病院の専門看護で高いスキルを持つ認定看護師が講師を務めるナース講習会も毎月開催しています。
 また新潟市西区ケアマネジャー研修会を実施し、毎回20〜30名の医療・介護関係者が参加します。この地域には在宅医療・訪問看護において自らの力量アップを目指す意識の高い医療・介護関係者が多い。今まで地域の診療所との病診連携に取り組んできましたが、介護との連携にも広がりました。今後もこの二つの連携に力を入れていきます。当院は第三者機関である「日本医療機能評価機構」の認定と、品質管理の国際標準規格「ISO9001」の認定を取得しています。今後も質の高い医療の提供に努力していきます。

子どもの頃の夢は?

医師です。教師だった父が実は医者志望だったと聞いており、父の親友が歯科医師で自然と憧れていました。出身は栃木ですが新潟大学医学部に進み、そのまま医師の道を歩むことに。新潟での生活がもう何十年にもなりました。

概要
所在地 〒950-1104 新潟市西区寺地280-7
TEL.025-233-6161(代) FAX.025-233-8880
開院日 1991(平成3)年7月1日
事業内容 医療業
診療科目 内科、血液内科、代謝・内分泌内科、精神科、脳神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、消化器外科、乳腺・内分泌外科、整形外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、形成外科、病理診断科、臨床検査科、歯科口腔外科、脳神経外科
職員数 838人
病床数 425床
ホームページ http://ngt.saiseikai.or.jp/

印刷する

参加企業、団体、教育機関一覧 ※五十音順