セコム上信越 株式会社

教育・研修を強化し
より高いレベルで安全・安心を提供

代表取締役会長
野沢 慎吾

今年のトピックをお話しください。

2020年3月期を経営基盤強化の年と位置づけました。1番の財産である社員のレベルを上げることで優位性につなげていきます。方策の一つが「研修」です。日々新しい技術やサービスが生まれています。例えば、1月からセコム・ホームセキュリティと、人工知能(AI)が搭載されたソニーの自律型エンタテインメントロボットaibo(アイボ)との連携サービスを開始しました。お客さまとの対話や提案の中にも新しい知識が必要になります。
 そこで、セキュリティ技術の向上のため、昨年6月に群馬県前橋市に開設した研修施設「セコム上信越グループ技術センター」ではITを活用したセキュリティシステムや火災報知設備などさまざまな種類の機器を実際に使いながら学ぶことで技術の向上を図っています。また、eラーニングなどを活用して法令や各種知識などを全社員が習得するよう努めています。
 また、求める人財を採用するため、会社の魅力や仕事の面白さをインターンシップなどで発信したいです。男性中心の業界と思われがちですが、女性だからこそ活躍できる場も多いんですよ。

東京2020についてお聞かせください。

当社の社員も東京2020大会警備に加わります。参加する社員の研修は昨年から始まっています。長野冬季五輪で警備を担当した経験を生かし、世界中からやってくるお客さまの安全が守られ、事故のないように努めます。
 東京2020大会の「安全・安心」な運営と成功のため、18年4月に複数の民間警備会社で「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会警備共同企業体」を設立しました。今大会はオールジャパン体制で警備サービスを提供します。日本の警備会社の力を世界に示したいですね。

子どもの頃の夢は何でしたか。

タイムマシンに乗って古代文明を見に行くのが夢でした。講談社の「ブルーバックス」シリーズでアトランティスなどの古代文明に興味を持ち、H・G・ウェルズの小説『タイムマシン』やNHKの海外SFドラマ『タイムトンネル』、少年ドラマシリーズ『タイムトラベラー』にも影響を受けました。実はまだこの夢を諦めていないんですよ。いつかは行ってみたいですね。

概要
所在地 〒950-8557 新潟市中央区新光町1番地10
TEL.025-281-5000 FAX.025-281-0220
設立 1967年5月25日
事業内容 セキュリティ事業、その他の事業(メディカル、一般電気工事・建築事業)
資本金 35億3,002万円
売上高 241億6,900万円
従業員数 1,719人(連結)
事業所 新潟県・群馬県・長野県内各所
連結子会社 セコムジャスティック上信越(株)、セコムテクノ上信越(株)、セコム佐渡(株)
ホームページ https://www.secom-joshinetsu.co.jp

aiboと、セコムする

印刷する

参加企業、団体、教育機関一覧 ※五十音順