株式会社 トップライズ

国内トップレベルの
高精度3次元データを提供する

代表取締役社長 CEO
大滝 充司

事業内容をお教えください。

総合建設コンサルタントです。現在は国土交通省が2015年度から導入している「i-Construction(アイ・コンストラクション)」が中心。土木工事においてICTを活用し、従来の2次元測量・計測からレーザースキャナー・ドローンによる3次元測量により3次元(3D)化する手法に15年くらい前から取り組んでおり、現時点で3Dデータの精度は日本トップレベルと自負しています。1ミリ単位の精度を求められる鉄道関連の仕事も多くやっています。

アメリカの大学とも研究開発を進めています。

コンピューターとロボット工学で世界トップクラスのカーネギーメロン大学の日本人教授チームと4年前から農業用水路点検に3Dデータを活用する共同研究をしています。自動飛行するドローンで農業用水路を撮影し、画像から作成した3Dデータを分析、展開図にする方法で、目視での点検に比べて調査効率が飛躍的に上がります。日米両国で特許申請も進めています。

数年後にはベトナムに現地法人を設立予定だそうですね。

その準備として、数学五輪のベトナム代表など優秀なベトナム人を昨年8人、今年は10人採用しました。ベトナムに「トップライズ ベトナムLLC(合同会社)」を設立し、日本とベトナムの仕事に着手します。3D化ができる人材の育成も進め、将来的にはベトナム人社員が日本の高い技術とノウハウを武器に、日本と祖国を行き来しながら働けることを願っています。

今後の事業展開は?

最近は大手建設会社の仕事を受託することも増えました。創業以来コンプライアンスを最重要視していることで信頼を得ています。これからも技術力を磨き、高品質のサービスを提供していきます。また今年は業務エリアを九州まで拡大します。ゆくゆくは全国展開を目指したいですね。

子どもの頃、将来の夢は?

小・中学校時代は、運動神経が良かった事もあって、国語教師だった父の影響もあり、中学3年までは体育の教員になろうと決めていました。今も人に教えるのは嫌いではないので、自然と人材教育に力が入るのかもしれません。「会社は人づくり」とつくづく思いますよ。

概要
所在地 〒956-0861 新潟市秋葉区北上2丁目22番29号
TEL.0250-24-4648 FAX.0250-24-4674
創業 1998年5月15日
事業内容 土木建築サービス業(i-construction & BIM/CIM/設計/計測・測量/補償コンサルタント/調査/建築設計/不動産業/建設業)
資本金 4,000万円
売上高 12億円
従業員数 130人
支社 関東支社、東北支社、関西支社、嵐の湯秋葉店、健康一番開運堂
グループ会社 (株)福地設計、(株)スカイフォトサービス、(株)イケダ測量設計、TOPRISE USA LLC、(株)トップライズソリューションズ
ホームページ http://www.toprise.jp/

測量の計測精度を維持したまま生産性を向上させるため、
「地上移動体搭載型レーザスキャナ(ProScan)」を導入。

印刷する

参加企業、団体、教育機関一覧 ※五十音順