新潟交通 株式会社

「ヒューマンファースト」の考え方で
街を元気に

代表取締役社長
星野 佳人

万代シテイが変わり始めましたね。

万代シテイパークを含めたエリアのリニューアル工事が進んでおり、およそ1年半で一新します。新潟伊勢丹、新潟アルタ跡も生まれ変わりつつあり、ペデストリアンデッキを介して回遊する楽しみがさらに増えるでしょう。エリアの拠点性を高めるには、ヒューマンファースト、ウオーキングファーストの考え方が必要かと思います。
 ICカード乗車券「りゅーと」は発行20万枚を突破しました。65歳以上の方にご利用いただける「シニア半わり」も好調で、地方都市としては優秀な数字だと評価をいただいています。また中学生用の「みどりりゅーとカード」も予想を上回る発行枚数に。中学生のうちからバスに親しんでもらい、高校からのバス通学へスムーズに移行できるようご利用いただければと思います。

今年3月にはアプリを使った実証実験も行われました。

次世代交通サービスMaaS(マース)アプリ「りゅーとなび」をインストールし、オンデマンドバスやレンタサイクルを利用していただきました。地域内移動の利便性向上や公共交通利用の行動がどのように変わるかを検証するものです。今回はバスと自転車だけでしたが、鉄道、タクシー、カーシェアリングなどマイカー以外のすべての移動手段が、マイカーと同等かそれ以上の快適なモビリティーとなるよう、検証を深めていきます。また小型のバスを下町(しもまち)の営業所に集約、ITを活用した効果的な移動を検証する「しも町オンデマンドバス」の実証実験も同時期に行われました。
 団塊の世代が75歳以上を迎える今、今あるモビリティーを統合して分かりやすいサービスを提供することが必要です。渋滞の緩和が実現すれば、環境面のメリットも大きい。運転免許を返納した高齢者が家に引きこもらず公共交通機関で外へ出ることができれば、医療介護費を削減できるかもしれません。フィンランドなどヨーロッパの公共交通先進国に学ぶことは多いですね。

子どもの頃の夢を教えてください。

小学校1年の頃ですが、本気で仮面ライダーになりたいと思っていました。自分も変身ベルトをつけて速く走れば仮面ライダーになれるんだと思い、自転車に乗って鍛錬していました。

概要
所在地 〒950-8544 新潟市中央区万代1丁目6番1号
TEL.025-246-6323 FAX.025-244-0503
設立 1943(昭和18)年12月
事業内容 旅客運送事業・一般旅行業・航空代理業・不動産業・駐車場経営・生活関連用品の販売など
資本金 42億2,080万円
売上高 108億4,834万円(2018年度実績)
従業員数 657人
事業所 本社・下越地域の6営業所・2旅行センター
ホームページ http://www.niigata-kotsu.co.jp/

連節バス「ツインくる」

印刷する

参加企業、団体、教育機関一覧 ※五十音順