新潟トヨタグループ

生活スタイルの変化に対応
乗る楽しみを多くの人に

代表取締役会長
等々力 好泰

今年のトピックをお話しください。

トヨタの自動車を販売するトヨタ販売会社では、4つの国内チャネル(トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)を持ち、お客さまのライフスタイルやニーズに即した店舗を展開しています。私たち新潟トヨタグループも、全県を網羅する販売店を通じ、新潟のお客さまの快適なカーライフに貢献してきました。
 メーカーの販売戦略により、今年5月から全ての販売店でトヨタ全車種を取り扱うことになります。時代や市場の変化に対応し、お客さまに寄り添ったサービスを提供するための決定ですが、当グループもお客さまのニーズに合わせた拠点の再編などを検討していきます。

車市場の変化をどう見ていますか。

お客さまの生活・消費スタイルの変化により、車は「所有」するものから必要に応じ「利用」するものにシフトしています。所有するコストが高く、若い世代を中心に車を所有すること自体が厳しいと考える人も増えています。新潟では車が必需品ですが、人口減少により市場環境は変わっていくでしょう。その変化にわれわれのサービスも対応していかなければと考えています。
 私が最初に乗った車は中古のトヨタカローラで、今でもカローラが愛車です。トヨタ車は品質が高く、故障も少ないいい車だと思います。負担の少ない買い方など、さまざまな乗り方の選択肢を提案し、多くの人にカーライフを楽しんでいただきたいと思います。
 変化への対応という意味合いで思い出すのは、人口減少社会における地域活性化を論じた額賀信(まこと)さんの『「過疎列島」の孤独―人口が減っても地域は蘇るか』(時事通信社)と、スペンサー・ジョンソンの絵本『チーズはどこへ消えた?』(扶桑社)の2冊。誰にでも変化は訪れます。時代や状況の変化にどう対応していくかを考えた時、自らが変わることを楽しもうという気持ちにさせてくれる本です。

子どもの頃の夢は何でしたか。

小学生から中学生にかけて、夜になると望遠鏡をのぞいている少年で、天文学者になりたいと思っていました。最近は夜空を見上げる機会も減りましたが、小惑星探査機「はやぶさ」の帰還には感動しました。

概要
所在地 〒950-0088 新潟市中央区万代2丁目1番1号 COZMIX 10F
(グループ本社)
TEL.025-245-0101 FAX.025-242-3524
事業内容 自動車販売、修理業
グループ会社 新潟トヨタ自動車 株式会社 設立1942年11月
https://www.niigata-toyota.co.jp/
新潟トヨペット 株式会社 設立1956年5月
https://niigata.toyopet-dealer.jp/
トヨタカローラ新潟 株式会社 設立1962年2月
https://toyotacorolla-niigata.jp/
トヨタカローラ北越 株式会社 設立1966年9月
https://corolla-hokuetsu.corolla-dealer.jp/
ネッツトヨタ新潟 株式会社 設立1969年11月
https://www.netz-niigata.jp/

グループ本社 外観

印刷する

参加企業、団体、教育機関一覧 ※五十音順