株式会社 新潟ビルサービス

風通しの良い組織、
明るい職場を目指す

代表取締役社長
鈴木 謙太

昨年社長に就任されました。現況をお聞かせください。

昨年11月に叔父の鈴木英介の後を受けて社長になりました。前社長の時代はバブル崩壊後の需要縮小、今は人口縮小です。人が減れば需要も供給も減り、経済全体が縮小します。私たちのようなサービス業では人手不足が特に深刻な問題です。

人手不足を解決する策は?

特効薬はありません。しかし働く人に選ばれる会社になることが大事だと思います。入社してもすぐに辞める理由は、ほぼ人間関係です。「風通しの良い組織」「明るい職場の雰囲気」を目指していきます。会社とは、そこで働く多くの人たちのものです。人の力なくしてサービス産業はありません。皆で力を合わせていけるような環境を整えていくのが私の役目です。

御社は江戸時代から続く企業です。

江戸時代の初期、新潟町がつくられた後、間瀬(現在の新潟市西蒲区)より新潟に出て廻船問屋を営んでいました。それで間瀬屋というのが代々の屋号です。
 明治に入り、廻船問屋の株仲間が廃止され船具商に。そして北洋漁業にも乗り出しました。終戦後は船具の中の船舶塗料を基礎に塗料商となりました。塗料の中に床に塗るワックスがあったことからワックス販売を手掛け、その後ワックスを使うビルメンテナンス業になったのです。

今後の展開について、どうお考えですか?

ビルサービスという仕事はビルがある限り必要な仕事です。今後ビルはますます増えていくと予測されます。人口減少社会とは、都市化が進む社会であり、ビルに関連するサービスという意味で、私たちが活躍する場は増えていくと思います。
 人工物であるビルは、空調、給排水、冷暖房を運転管理しなければなりません。今、当社の仕事は施設の管理だけでなく運営事業の方にも広がっています。

昔からビルサービスの仕事に携わろうと思っていたのですか?

いえ、子どもの頃は鉄道員になりたかったのです。今でも鉄道は好きです。体が大きいせいでしょうか、小さいものより大きなものが好きです。そういえばビルも大きいですね。

概要
所在地 〒951-8068 新潟市中央区上大川前通9番町1268番地2
TEL.025-228-3477(代) FAX.025-228-1729
創業 1956年8月1日
事業内容 清掃業務、環境衛生管理業務、建物営繕工事業務、建物サービス業務、設備運転管理業務、警備・防災業務、施設運営管理業務
資本金 5,000万円
売上高 45億7,918万円(2019年9月期)
従業員数 1,803人
営業所 中越支店、上越営業所、六日町営業所、県央営業所、村上営業所
ホームページ https://niigata-bs.co.jp/

ホテル日航新潟フロント付近でのロボット掃除機

印刷する

参加企業、団体、教育機関一覧 ※五十音順