ホテルオークラ新潟

新潟の魅力を発揮、
MICE需要増で街を元気に

代表取締役社長 総支配人
後藤 克洋

今年のトピックをお話しください。

開業前から当ホテルのスタッフも応援に駆けつけた東京のThe Okura Tokyoが、昨年9月に開業しました。世界の要人らも宿泊する、日本の誇るラグジュアリーホテルです。県内でも各国ナショナルチームの合宿が予定されています。当ホテルでも世界からのお客さまに期待しています。
 当館のリニューアルは2期目に入りました。開業から43年、老朽化は否めません。本年度は法律に基づいた喫煙室の設置などの整備を進めていきます。筋肉質で締まった組織をつくっていきたいですね。

地方における都市型ホテルのあるべき姿とは何でしょうか。

地元の皆さんに愛されることだと思います。メンバーシッププログラム「One Harmony」は会員が200万人を超えました。ホテルのご利用で、ポイントやプラスアルファのサービスをご提供しています。宴会はホテル婚の良さをビジュアルや体験を通してアピールしていきたいですね。レストラン部門は比較的年齢層の高いお客さまにご支持をいただいています。これからも安心してご利用いただけるよう、旬の季節感や上質さを提供してまいります。
 一方で、強く感じているのは国際会議や学会、見本市など国内外のMICE(マイス)を、もっと新潟に誘致する戦略を世界的視点で磨くべきという点です。MICEは多くの人々が訪れ滞在する優れた「引力」です。食、酒、芸妓文化、自然、四季、そして私たちホテルのおもてなしとの連続性や多様性をプログラムとしてデザインできれば、新潟固有のMICE文化が成立する可能性は高い。信濃川を挟んで古町=伝統と粋、万代=進取とにぎわいの対比を際立たせれば回遊性も高まるはず。新潟観光コンベンション協会には大いに期待しています。

子どもの頃の夢は何でしたか。

アメリカ人になりたいと思っていました。テレビで『パパは何でも知っている』『スーパーマン』などを見て、寛容、自由、裕福なアメリカという存在自体が大きな夢でした。26歳で留学し、アメリカの価値観が変容する姿も見ました。今でもアメリカのダイナミズムは好きですね。

概要
所在地 〒951-8053 新潟市中央区川端町6丁目53番地
TEL.025-224-6111 FAX.025-224-7060
開業 1978年10月5日
事業内容 ホテル事業
資本金 8億1,000万円
従業員数 180人
ホームページ http://www.okura-niigata.co.jp/

「萬代橋」のたもとに建つホテル

印刷する

参加企業、団体、教育機関一覧 ※五十音順