株式会社 メビウス

本部組織を再編、
コンサルティング機能を充実

代表取締役社長
山田 新一

2018年、錦鯉個体識別システムを開発し、大きな話題になりました。

今年2月に特許も取得しました。錦鯉は海外からの買い付けも多く、県をアピールできる特色ある産業です。画像解析の主力に人工知能(AI)を使い、小千谷の養鯉業者からアドバイスをいただきながら試行錯誤して判定精度を上げました。このシステムを発表後、他業界からも問い合わせがあり、県内大手3社の製造業の工場ですでに導入されています。今年は次世代通信規格「5G」が本格運用される年ですが、工場内に5Gでネットワークを組めば状況を瞬時に把握でき、究極的なスマート工場になります。IT技術の進歩は目覚ましいものですが、使い方を間違えると弊害も出ます。人間が使い方を判断することが絶対に必要です。

今後伸びる部門は?

コンサルティング部門です。そのためのデジタルトランスフォーメーション本部を4月に立ち上げました。本部も再編し、基幹システム本部、製造ソリューション本部、金融ソリューション本部、ビジネスイノベーション本部の5本立てでやっていきます。組織づくりには人材が重要なので、採用に注力し、スキルアップ、資格取得も積極的にサポートしていきます。

人材確保についての考えをお聞かせください。

新潟は大学も専門学校もあり、若手の技術者採用には強い土地柄。地元に残って仕事ができる企業が増え、県外からも来てもらえれば地域活性化につながります。当社には新潟本社、東京本社、長岡システム開発センターがありますが、最終的に勤務地は自分で選べます。ママさんSEも多く、時短も在宅勤務も可能です。社員は一緒に仕事をする仲間。一生懸命やって成果を上げれば会社も利益が出て社員に還元でき、生活も充実します。IT業界は個人の能力を発揮しやすく、結果が分かりやすいので、一人一人に能力を生かしてもらい、個人も会社も成長することを目指します。

子どもの頃の夢は?

小学生の時は科学が好きで、雑誌『子供の科学』を毎月読んでいました。付録の実験キットが楽しくて、科学者っていいなと思っていました。それが潜在意識にあって、コンピューターの道に進んだのかもしれません。

概要
所在地 〒950-0917 新潟市中央区天神1丁目12番地3
TEL.025-242-3123 FAX.025-242-3121
設立 1983年10月1日
事業内容 システムインテグレーション、企業システム構築、ニアショア開発・保守運用サポート、パッケージソフトカスタマイズ、機械学習コンサルティング、先端領域における研究開発
資本金 1億2,000万円
売上高 21億3,083万円(2019年3月期)
従業員数 193人(2019年4月1日現在)
支社 [東京本社] 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目24番1号 
[長岡システム開発センター] 〒940-0071 長岡市表町1丁目10番地7
ホームページ http://www.mob.co.jp/HP/

印刷する

参加企業、団体、教育機関一覧 ※五十音順