HOME
公開講座について

公開講座について

幅広く学ぶ
テーマは「30年後の
新潟をデザインする」。
1回完結でゲストと
ともに学びあいます。

「30年後の新潟をデザインする!」をテーマに、さまざまな切り口から新潟の未来を考える1回完結の公開講座を年間6回開催します。 各テーマにふさわしいゲストとともに、参加者みんなで学びあいます。

  • ●年間6回開講します。(メディアシップ2階「日報ホール」など
  • ●各講座ごとに参加者を募集します。参加費は基本無料です(一部有料企画あり)。
  • ●各講座終了後、新潟日報朝刊紙面で当日の模様をお知らせします。

講座一覧

第1回 2019年4月

記念講演会
「地方で働くこと、暮らすこと」
  • 日時…2019年4月14日(日)13:30~15:30(予定)開場13:00~
  • 会場…新潟日報メディアシップ 2階日報ホール(新潟市中央区万代3-1-1)
  • 内容…記念講演「地方で働くこと、暮らすこと」
    講師 常見 陽平さん(千葉商科大学教養学部専任講師/働き方評論家)
    アフタートーク・質疑応答
    聞き手 本社論説編集委員 野上丈史

新潟日報みらい大学2019年度第1回公開講座は、記念講演会です。
人口減少と首都圏への労働人口の集中が続いていますが、生まれた土地を基盤にする人、そして移住やUIターンを選んで地方で働くことを選ぶ人も増えています。地方で働くことについて、様々な就職支援を行ってきた現場視点で魅力や課題を語っていただきます。
講演後は、2019年紙面企画「上を向いて歩こう~人口減少社会」の担当デスクの野上論説編集委員とのアフタートークがあります。
当日参加も可能です。会場に直接お越しください。

詳細を見る

参加について 公開講座・ゼミナールに関するご意見ご感想 新潟日報みらい大学に関するお問い合わせ 新潟日報公式ホームページへ NEC コカコーラ SECOM 東北電力 BSN これまでの公開講座