HOME
公開講座について
2020年度第3回公開講座/「実業家・大倉喜八郎と蔵春閣~人と人をつなぐ場所~」

公開講座について

講演内容

未来のチカラin東北
藤井恵介
松尾浩樹
坂井正
鈴木直之

「実業家・大倉喜八郎と蔵春閣~人と人をつなぐ場所~」

  • 2020年11月8日(日) 13時30分~15時30分(開場 13:00)
  • 会場…新発田市民文化会館 (新発田市中央町 4- 11- 7 )
  • 定員…250人 ※入場無料  事前申込制(抽選)
  • 共催…新発田市

基調講演
「歴史的建造物『蔵春閣』について」
講師 藤井恵介さん(東京大学名誉教授・工学博士、専門は建築史・文化財保存学)
プロフィール

トークセッション「ルーツを知れば、今が未来につながる」
藤田恵介さん
松尾浩樹さん (大成建設株式会社設計本部専門設計部部長/蔵春閣移築設計者)
プロフィール

坂井正さん(大倉喜八郎の会会長)
プロフィール
鈴木直之さん(株式会社ダイアグラム 代表 アートディレクター、グラフィックデザイナー)
プロフィール

新発田市出身の実業家大倉喜八郎は、近代日本の経済的発展に貢献しただけでなく、その利益を福祉・教育・文化事業に還元し、今もなお語り継がれる数々の功績をあげた人物です。明治45年、東京・向島に別邸の一部として建築された「蔵春閣」は、日本固有の伝統技術が施された内装で、国内外から賓客をもてなす社交の場として、随所に大倉喜八郎の趣向が凝らされた建物であり、108年の時を経て、新発田市に移築・復元されることになりました。
公開講座では、その人物像と蔵春閣の建築的、文化的価値について学びます。そして、人と人をつなぐ新しいランドマークを中心としたまちづくりを考えます。

  • <お申込み方法>
  • 申し込みは締め切りました。参加いただける方に参加証を発送しました。
  • <お問い合わせ>
    新潟日報みらい大学事務局(広告部内)
    〒950-8535 新潟市中央区万代3-1-1
    〈TEL〉025-385-7474(土日祝除く10:00-17:00)

みらい大学受講レポート


<< 前へ  [1] [2] [3]  次へ >>

新発田市 (男性 34歳)

蔵春閣の歴史、希少価値の高さを知れて良かった。プロジェクトの大きさ重要性を知れてよかった。もっとメディアを通して発信してほしいと思う。

新発田市 (男性 75歳)

非常に感心の強い事なので、又多額のお金を負担するで、あ~建物が完成した.良かったねで終ってしまわない様しっかりとしたプランを作成して本当に新発田の宝物が出来て良かったと市民が思える様にしてほしい

ご意見ご感想を投稿する
参加について 公開講座・ゼミナールに関するご意見ご感想 新潟日報みらい大学に関するお問い合わせ 新潟日報公式ホームページへ NEC SECOM 東北電力 BSN これまでの公開講座