HOME
公開講座について
2021年度第3回 公開講座/「歴史的建造物を活かしたまちづくりの未来」

公開講座について

講演内容

「歴史的建造物を活かしたまちづくりの未来」

  • 日時
    2021年9月26日(日)13:30~15:30(予定)(開場13:00)
  • 内容
    基調講演 「古民家再生から考える地域の未来」
    トークセッション「歴史的建造物を活かしたまちづくりの未来」
  • 会場
    きらりうむ佐渡(佐渡市相川三町目浜町18)
    ※zoomウェビナーでライブ配信もあります。
  • 会場定員
    50人
    ※入場無料。事前申込制。※9月24日(金)締め切り
    配信定員
    400人(先着順)
    主催
    新潟日報社
    共催
    佐渡市
    後援
    新潟県
  • 第3回公開講座は、地域の魅力を発信する新潟日報社のプロジェクト「未来のチカラin佐渡」の一環で実施します。
星野新治
基調講演「古民家再生から考える地域の未来」(40分)
講師
  • 星野 新治(ほしの・しんじ)さん(オンライン出演)
    株式会社NOTE 取締役 NIPPONIAブランド室 室長
    株式会社Essa 代表取締役(共同代表)
    星野新治

    新潟市秋葉区出身。長岡造形大学卒。登録ランドスケープアーキテクト(RLA)。新潟県内で地域計画や公園設計などに携わった後、東京のブランディング会社で企業ブランディングや商業施設開発等を担当。
    2015年に兵庫県丹波篠山市に移住し、一般社団法人ノオトに理事として参画。2016年にはノオトの地域開発事業等を担う株式会社NOTEの設立に携わる。 NOTEでは「篠山城下町ホテルNIPPONIA」などを始め、全国各地で古民家等の歴史的資源の活用を起点に地域活性化を目指すまちづくり活動「NIPPONIA」を推進。
    2021年には、新潟日報社とNOTEの共同出資によって設立されたまちづくり会社「株式会社Essa」の共同代表として、新潟県全域でのNIPPONIA事業の推進にも取り組む。

  • トークセッション「歴史的建造物を活かしたまちづくりの未来」(70分)
  • 星野新治さん、岩﨑元吉士さん(まちづくりチーム相川車座 代表)
    熊野礼美さん(佐渡UIターンサポートセンター 代表)
    岡崎拓夫さん(おぎ町並み保存推進委員会 委員長)
    コーディネーター 新潟日報社執行役員総合プロデュース室長 鶴間 尚

人口減少や高齢化が続く中、空き家の増加などにより、地域の暮らしが次世代へ繋がらなくなりつつあります。
そこで、いま地域にある歴史的資源を見つめなおし、利活用することで地域を活性化しようと取り組む佐渡の各地域の皆さんと、持続可能なまちづくりを考えます。
古民家再生などによって地域の活性化を目指す「NOTE」取締役の星野新治さんをメインゲストにお招きします。 星野さんは新潟日報社とNOTEが出資したまちづくり会社「Essa」の共同代表も務めています。

  • <同時開催>
    <光の箱制作ワークショップ>11:00~16:00
    場所:きらりうむ佐渡 中庭
    みらい大学開催に合わせ、小学生・親子対象の「光の箱」づくりワークショップも行います。
    切る、貼るという簡単な作業だけで、誰でも簡単にアート作品が作れます。
    申し込み不要。直接会場にお越しください(製作キット50個がなくなり次第終了)。参加費無料。
  • ※ご応募いただいた個人情報は、当事業のご案内に使用いたします。
     また、新潟日報社からのご案内に使用させていただく場合があります。
  • ※新型ウイルスの感染拡大の状況によっては、都合により予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • <お問い合わせ>
    新潟日報みらい大学事務局(統合推進センター内)
    〒950-8535 新潟市中央区万代3-1-1
    〈TEL〉025-385-7474(土日祝除く10:00-17:00)

みらい大学受講レポート


<< 前へ  [1] [2]  次へ >>

佐渡市小木 (男性 40歳)

歴史的な建造物を次世代に残すためには生業が必要というお話が参考になった。パネリストの皆様お疲れさまでした。移住定住が今後佐渡でも増えていくことを期待したい。

佐渡市両津 (男性 50歳)

兵庫丹波では城を取り囲むエリア内で面の取り組みがされていましたが佐渡島内では小木や相川のようにまとまった地域では面的デザインが可能かと思われました。が、島内全体の古民家となるとかなりハードルが高そうでした。後半は島内でもご出演の皆さんの活動は聞こえてきましたが直接のお話を聞くと熱意が伝わりました。僻地離島はWEB活用大切です。国や市は高速通信に補助を!Zoom途中で切れて残念でした。

ご意見ご感想を投稿する
公開講座について みらい大学について 参加について 公開講座・ゼミナールに関するご意見ご感想 新潟日報みらい大学に関するお問い合わせ 新潟日報公式ホームページへ
NEC SECOM 東北電力 BSN