HOME
みらい学科について

みらい学科について

じっくり学ぶ
1つのテーマを少人数で
じっくりと学びあいます。

企業や団体、機関のサポートのもとテーマを設定し、1つのテーマをじっくりと学んでもらうカリキュラムです。メディアシップを飛び出して体験メニューを組んだり、参加者にじっくりと考えてもらうワークショップを実施します。

  • ●1~3回の授業で30人~50人程度を募集します。
  • ●募集対象は各みらい学科によって異なります。詳細は順次発表してまいります。
  • ●各授業終了後、新潟日報紙面で学びの様子をご紹介します。

みらい学科一覧

2020年11月

「コロナ禍に負けない 地震防災をあなたへ、そしてあなたから」
  • 【オンライン講演会のご案内】
  • 日時
    2020年11月3日(火・祝)13:00~14:50
  • 定員
    50人。申し込み順に参加URLをメールで送信します。
    ※定員になり次第、締め切ります。
    主催
    新潟日報社
    協賛
    一般社団法人 日本損害保険協会
    後援
    新潟県地震等災害保険・共済普及協議会
根本昌宏
【第1部 基調講演】
「新型コロナ時代の避難対策」
講師
  • 根本昌宏(ねもと・まさひろ)さん
    日本赤十字北海道看護大学看護薬理学領域教授
    根本昌宏

    1992年北海道医療大学薬学部薬学科卒業。
    1999年日本赤十字北海道看護大学助手。
    2002年ロンドン大学セントジョージ病院生理学教室に留学。
    2005年より日本赤十字北海道看護大学准教授を経て現職。
    薬学博士。

【第2部 パネルディスカッション】
「新型コロナ時代の防災対策」
コーディネーター
  • 山﨑登(やまざき・のぼる)さん
    国士舘大学 防災・救急救助総合研究所教授、元NHK解説副委員長
    山﨑登

    2000年からNHK解説委員(自然災害、防災、消防、救急担当)。
    関西学院大学客員研究員、京都大学非常勤講師、東京理科大学非常勤講師を歴任。
    2009年~2012年NHK解説副委員長を経て現職。
    防災功労者・内閣総理大臣表彰。

パネリスト
  • 室﨑益輝さん
    兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科長
  • 根本昌宏さん
    日本赤十字北海道看護大学 看護薬理学領域教授
  • 秦好子さん
    元横浜市消防局消防監、<一財>防災教育推進協会常務理事
  • 小出和志さん
    <一社>日本損害保険協会 新潟損保会会長

新型コロナウイルスの感染拡大が続く今、私たちの暮らしの安心には常日頃の「感染対策」が欠かせません。
ひとたび大きな地震災害に見舞われた際は、避難所に多くの人が集まることで感染が広がってしまうリスクも考えておかねばなりません。
防災と防疫の両面で私たちは災害にどう備えていけばよいのでしょうか――。
防災や救急救助の専門家がそれぞれの立場から最新情報をインターネットのライブ配信を通じてお届けします。

詳細を見る

これまでのみらい学科はこちら

新潟日報みらい大学からの
 新型ウイルス感染症予防に関するご案内

ご来場のお客様へのお願い

・マスクをご持参いただき、開会中の着用をお願いします。
・館内設置のアルコール消毒液で、手指の消毒をお願いします。
・ホワイエ入口で非接触型体温計での検温をお願いしています(37.5度以上の方はご入場をご遠慮いただきます)。
・発熱、咳など風邪症状のある方、体調がすぐれない方は来館をご遠慮願います。

会場では感染予防措置として、以下のことを実施します

・座席の間隔を空けています(以前より定員が少なくなっております。ご了承ください)。
・定期的に会場内のアルコール消毒を行っています。
・館内は常に空気の入れ替えを行っています。
・スタッフは検温により平熱を確認し、マスクを着用しています。
・受付には飛沫防止シールドを設置します。

公開講座について みらい大学について 参加について 公開講座・ゼミナールに関するご意見ご感想 新潟日報みらい大学に関するお問い合わせ 新潟日報公式ホームページへ
NEC SECOM 東北電力 BSN