トピックス

だつたんそうしよう!

  • 紙面シリーズ

グリーンカーテン
生活に植物を取り入れよう

ゴーヤーやアサガオなどのつる植物を育てて作るグリーンカーテン。

茂った葉が直射日光を遮ってくれるため、室温の上昇を抑える効果が期待でき、夏の節電やCO2削減につながります。

新発田市ではすでに10年以上前から、希望者にゴーヤーの苗を配るなどし、小学校や公共施設などで普及を進めています。毎年、自宅で取り組む市民も少なくないそうです。

県も「にいがたゼロチャレ30」の中でPRしています。

酷暑が予想されているこの夏、みんなで生活の中に取り入れてみませんか。

→ 県の脱炭素ポータルサイト「ゼロチャレ30」はこちら

関連記事

脱炭素 オール新潟で展開中 2023年度『プロジェクト』を振り返る
紙面シリーズ
2050年までの脱炭素社会の実現に向けて、新潟日報社は県と共催し昨年7月から、「未来のチカラにいがた脱炭素プロジェクト」を展開してきた。紙面
教育・学び
中学生円卓会議
紙面シリーズ
私たちが描く新潟の未来と脱炭素社会未来のチカラにいがた脱炭素プロジェクトのメイン企画の一つ「中学生円卓会議」が1月、新潟市中央区の新潟日報メ
教育・学び再生可能エネルギー
企業や自治体に広がる脱炭素活動
紙面シリーズ取組事例
脱炭素のとりくみ、自治体や企業にも広がっています。協賛社人を想い地域と繋がり地球を大切にJT「JTグループ環境方針」に定めるとおり、JTグル
教育・学び研究暮らし
CO2、集める?貯める?そして、使える?
紙面シリーズ
地球温暖化対策では、まずは一人一人がCO2の削減に取り組むことが大切です。一方で、CO2を集めて地下に貯(た)める技術「CCS」の導入に向け
研究地域活性化次世代エネルギー再生可能エネルギー
脱炭素なぞなぞQ&A
紙面シリーズ
 
最新の問題と答えはこちら!未来のチカラにいがた脱炭素プロジェクトでは毎月の特集紙面に合わせ、脱炭素についてのなぞなぞを朝刊紙面に載せていきま
教育・学び
新潟発で新技術、奥が深いぞ脱炭素
紙面シリーズ
2050年の脱炭素社会の実現に向けて、水素などの次世代エネルギーの製造や、電気を効率良く使う研究が県内で進んでいます。新しい技術の開発には、
研究次世代エネルギー再生可能エネルギーEV